大阪の街の映像用いた未来的作品、Spatial Bodies

  • 4,852表示

【大阪アート映像】 生きている街!ビルが動き出す!

企業名:その他

公開日:2016/07/21

text: 高橋和巳

  • mixiチェック
この映像は是非、動画の解像度設定をHDにしてみる事を推奨致します。

大阪の街並みをモチーフにした、映像作品が公開されているため、ご紹介致します。

もしビルや建物が生命体みたいに成長したら?
キタからミナミ。市民には見慣れた大阪の都市。
その街が重力といった物理法則を無視して、グングン成長していく姿を描いた「Spatial Bodies」



映画ではありません。
アーティスト、AUJIKさんのショートムービー作品になります。



AUJIKさんは、ロボット工学や、ナノテク、人工知能(AI)や、コンピュータによる情報を付加された世界、拡張現実(AR)など、様々な分野からアートを生み出しているアーティスト。
世界中から多数のアーティストが集結する「Ars Electronica」にも出展されている方です。


ロボット工学というと、ホンダのASIMOや、ボストン・ダイナミクスのロボットなどをイメージしてしまいがちですが、
こちらは静けさの中、まるで建築物が植物のごとく成長する姿をみているような感覚に陥ります。



現代建築ビル群が成長する中、歴史的建築である大阪城は、そのままのご様子。
城壁に囲まれた大阪城と現代のビジネスパーク、その中を増殖続けるSF的なビルの融合に、悠久の時を感じます。
悠久都市、大阪。といった所でしょうか。


注目すべきは、3分20秒ほどを過ぎたころ。「通天閣」を発見!
まるで通天閣の上に、さらにヒトデのように増殖したグネグネする通天閣の姿。
軟体動物のようで、どこか可愛らしいような動き。
もっと探せば、いろいろ出てきそうです!
ビルや道路が成長する街になった、大阪でした。

文/高橋和巳

ミナミ
大阪
通天閣
高橋和巳
AUJIK
CG
アート
軟体性
キタ

コメント

関連動画この動画を見ている人は、こんな動画を見ています。