大阪の漁港にイルカ居つき3カ月 「そっと見守って」

  • 13,299表示

【野生イルカ】 大阪湾 深日漁港に居ついたイルカ、3か月経過中!

企業名:その他

公開日:2016/06/06

  • mixiチェック
※動画は、朝日新聞DIGITAL YouTubeチャンネルより。
https://www.youtube.com/channel/UCMKvT0YVLufHMdGLH89J1oA




2016年2月下旬、大阪府岬町の深日漁港にて、野生のイルカが目撃されました。以後3か月、イルカは逃げ出さずに、そこに居つくようになりました。


その人なつっこいイルカ、
「ミナミハンドウイルカ」という種類で体長約1.8mで、5歳前後だということです。
大阪府立環境農林水産総合研究所情報)



今のところ、時折海面に姿をみせるイルカはこの一頭だけらしく、群れからはぐれたとみられています。研究所が姿を確認したのは2月下旬ですが、もしかすると半年ほど居ついている可能性もあり得ます。



ミナミハンドウイルカについて
熊本県、イルカマリンワールドHPより
http://im-world.jp/watching.html


ハンドウイルカは、鯨偶蹄目ハクジラ亜目マイルカ科。
最もポピュラーなイルカの種類で、北極圏および南極を除く世界中の海に生息しているご様子です。

おそらく、暖冬で大阪湾から餌になりそうな魚が南下せずにたくさんいた事と、水温が高いのでそのままいついてしまったのではないか、ということです。



実は、大阪近郊にイルカが迷い込んだりすることは、珍しくないこと?

2015年には、関西空港周辺で稀少なイルカの一種、「スナメリ」が20頭近くの群れをなしているのが目撃されております。

イルカが無事に群れに帰ってくれることを願いますが、大阪の海もまんざら捨てたもんじゃありませんね。とはいえ、水族館にいるイルカとはちがい、こちらは野生のイルカ。イルカを撮影しようと、近づいた場合に、イルカにも人間にも、何かあっては大変です。

知能が高く、おとなしく優しいイメージのあるイルカですが、それは、水族館で訓練されたイルカに限ってのこと。ハンドウイルカが、小型のネズミイルカを殺傷させた、という事例も報告されております。

府立環境農林水産総合研究所からも、不用意に近づかず、暖かい目でそっと見守ってくださいとのこと。イルカにとっても人間にとっても、つかず離れず、同じ大阪の海を共有しようではありませんか。



元記事:

大阪の漁港にイルカ居つき3カ月 「そっと見守って」

http://www.asahi.com/articles/ASJ614STDJ61PQIP00X.html

 


 

大阪
イルカ
大阪港
海豚
dolpihine

コメント

関連動画この動画を見ている人は、こんな動画を見ています。